情報処理技術者試験対策 > アルゴリズム

ソートアルゴリズム

情報処理技術者試験でも必須のソートアルゴリズムを中心とした一般的なアルゴリズムの紹介をします。

アルゴリズムについての記事

アルゴリズムとは
アルゴリズムとは、ある目的を達成するための処理手順のことをいいます。
ソートアルゴリズム
アルゴリズムの話では必ずといっていいほど出てくる並べ替え(ソート)の仕方の話をしていきます。
バブルソート
バブルソートとは、一番左から、隣どおしの数を比べて、大きいほうを右側に持ってくる→これを一番右に行くまで繰り返すアルゴリズムをいいます。
インサーションソート
インサーションソート(挿入ソート)は、数値を適切な場所に挿入していくことにより並べ替えを行うアルゴリズムをいいます。
クイックソート
クイックソートは、軸要素よりも大きい値と小さい値を入れ替えていくことにより並べ替えを行うソートアルゴリズムをいいます
マージソート
マージソートとは「少ない個数の値を並べ替える」→「すでに並べ替えてある少ない個数の値を合体(マージ)して、より多い個数の値の並べ替える」という手順で並べ替えを行うアルゴリズムをいいます。
ソートアルゴリズムを体感する
実際にソートをしている状況を目で見ることができるように、下記の5つのソートアルゴリズムについてエクセルのマクロを準備しました。

情報処理技術者試験対策 項目一覧

アルゴリズム
アルゴリズムとは
ソートアルゴリズム
バブルソート
インサーションソート
クイックソート
マージソート
ソートアルゴリズムを体感する
 
アルゴリズム用語集
アルゴリズムとは
ソートとは
バブルソートとは
計算量とは
インサーションソートとは
挿入ソートとは
計算量のオーダーとは
クイックソートとは
無限ループとは
再帰処理とは
マージソートとは
併合ソートとは
 
当サイトについて
当サイト(情報処理技術者試験対策)について
管理人について
相互リンク募集
プライバシーポリシー