情報処理技術者試験対策 > アルゴリズム > ソートアルゴリズム

ソートアルゴリズムについての説明

まず、アルゴリズムの話では必ずといっていいほど出てくる並べ替え(ソート)の仕方の話をしていきます。

なぜ、アルゴリズムといえばソートが出てくるのか?というと、下記のような理由によります。

  1. 頻繁に出てくる処理だから−最後に処理結果を表示する時には、何らかの順番に並べ替えて表示をすることが普通のため、ソート処理はどんなプログラムにも必ず使われます。
  2. アルゴリズムの巧拙がはっきり出るため−処理方法により、速度・メモリ効率がびっくりするくらい変わります。データ量が少ないうちは、どれも似たり寄ったりなのですが、データが何万件とかになると、かなり違いが目立ってきます。

並べ替えの仕方にはいくつかありますが、代表的なものとして下記のものがあげられます。

  • バブルソート
  • インサーションソート
  • シェルソート
  • マージソート
  • クイックソート

それでは、順番に見ていきましょう。

カテゴリ一覧
アルゴリズム
アルゴリズムとは  ソートアルゴリズム  バブルソート  インサーションソート  クイックソート  マージソート  ソートアルゴリズムを体感する